コーヒーのおいしいカフェの見分け方

>

カフェの雰囲気は外せない

店の雰囲気が良いか?

例えば、外見がボロボロで潰れそうなお店でも流行っているこだわりのラーメン屋さんがありますよね。
カフェについても、そのようなお店だったらどうでしょうか?
どうしてもここのコーヒーでないとダメという特定のマニアからは愛されるお店になるかも知れませんが、カフェに関してはお店の雰囲気も大事になってきます。
コーヒーは毎日どうしても摂取しなくてはいけない主食や副菜ではありません。
嗜好品に入る種類のものであり、のどか乾いたから飲むとかいうドリンク類とも違います。リラックスして自宅とは違った雰囲気の中で楽しむためにわざわざカフェに来る方が殆どです。
コーヒーの味だけでなく、お客さんが何度も通いたくなるような、くつろげるスペースを提供できるように、お店のコンセプトにあったインテリアで素敵なお店作りをしてるところを探しましょう。

コーヒーの淹れ方にこだわりを持っている店

カフェに行くと、メニューを見ただけでそのこだわりが分かってしまうようなお店、ありませんか?

ひとことでコーヒーと言っても、豆の種類が違いますし、ロースト具合や、同じ種類の豆でも産地が違うと味や風味が変わってきます。
その上、どのようにコーヒーを淹れるかによっても味が全然違いますので、そのような点に詳細な説明があったり、コーヒーのメニューの種類が豊富なお店は、美味しいコーヒーが飲める可能性が高いと言えるでしょう。
コーヒーの淹れ方は沢山種類があります。
一般的なのはペーパーフィルターですが、そのフィルターひとつとっても、台形型か円錐型か分かれますし、その中でさらに細かく種類が分かれます。
サイフォンや、ネルドリップ、水出しなんかもあり、その豆を1番美味しく味わう方法を追求するお店は美味しいカフェと言えるでしょう。