コーヒーのおいしいカフェの見分け方

>

豆へのこだわりが感じられるか?

豆をいつ焙煎したか分かるお店

コーヒーは豆本来の品質や風味も大事ですが、その豆をいつ焙煎したかによっても味が変わってきます。
一般的には、やはり、焙煎したての豆の方がより良い香りがしますし、入れた時の味も美味しいです。
なるべく、自分の店でコーヒー豆を焙煎しているお店を選んで入りましょう。
コーヒー豆はローストする時間の長さによって味が変化します。
ロースト時間が短ければ酸味が強まり、長ければ苦味が強まります。
そのバランスを見ながら、豆の美味しさを一番よく引き出せるようにローストします。
こだわりのお店は、そのこだわり具合をお店の看板でアピールしたり、ちょっと店内を覗くと焙煎専用機械が置いてあったりしますので、分かるかと思います。
お店のホームページがあれば、コーヒー豆についてのこだわりなんかを書いてあると思うので事前に読んでおきましょう。

豆の品質にこだわりがあるお店

自分のお店で焙煎しているところは、豆の品質にもこだわりを持っています。
大抵は生の豆をお店でも販売していたり、販売していなくても倉庫に豆を保存しています。ホームページをチェックすればその辺の事が分かると思いますので確認してみましょう。
もし、そのお店が近所にあれば直接行ってみるのも良いでしょう。
ちょっとお店を覗いてみるだけでいろんな事がわかります。
生の豆を置いているかどうか?
またその豆はどのように保存しているか?
間違っても直射日光が当たるような場所にガラスのケースなどに入れて置いてある場合、あまり良い状態で保存されているとは言えません。
豆をどのように扱っているかについても、目を光らせておきましょう。